会長挨拶

  1. HOME
  2. 会長挨拶
政治連盟会長 瀬谷 卓美

埼玉県社会保険労務士政治連盟
会長 瀬谷 卓美

 明けましておめでとうございます。令和2年、2020年の年頭にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。会員の皆様には平素より、政治連盟活動にご協力を賜り厚くお礼申し上げます。


 昨年は、統一地方選から参議院通常選挙、県知事選挙、参議院補欠選挙まで、選挙つづきの一年でした。社労士制度に協力的な政治家の皆さんとの接点は多かったものの、政策に関して情報交換する余裕が限定された一年になりました。


 さて、国会・政治の動向を見ると、「働き方改革」は実行段階へ入り、同一労働同一賃金だけではなく、人口減少時代の社会保障の在り方を種々模索する政策の進行が予想されます。これらの動向は、私たち社会保険労務士にとって必ず課題になることです。この場において埼玉県社労士政治連盟は、協力的な議員を通じて積極的に情報を収集し、政策を読み解き、全国社会保険労務士会連合会、全国社会保険労務士政治連盟を通じ、こちらから影響を与えることができるような政策集団をめざしたいと考えます。


 とはいっても、現在、社労士会の推進する、出前授業等の学校教育への参加支援、労働条件審査導入への支援が重要であることは当然です。そして、保険証発行時間の長さの問題に代表される手続き業務の改善提案のような、身近な課題を政治家向けに発信し続けることも重要です。ただ、その延長上に、制度として企業が社労士を顧問にするとメリットがあるような政策ができないか、全社連・全政連に働きかけてまいります。


 第8次社労士法改正が完全施行され4年が経過しました。社労士制度に詳しい政治家からは、そろそろ次期改正に向け、田植えの時期ではとの声も出ています。当政連として、真に会員が求める法改正に向け、全社連・全政連をサポートし、改正要望事項を充実させて、より国民の皆様のさまざまな生活に資するよう、法改正の検討を進めていく決意です。


 今年は、現在の衆議院議員の任期が後半に入り、解散総選挙がいつあってもおかしくない日々が続きます。Xデイに備え、より多くの会員に本連盟の活動にご参加をいただき、「全社労士のための」政治活動を展開していきたいと考えております。あらためてご協力をお願いしながら、全会員・全社労士にとって、本年がよい年となることを祈念して挨拶といたします。


令和2年1月1日
埼玉県社会保険労務士政治連盟
会長 瀬谷卓美

PAGE TOP